肉厚な塗膜を形成する外壁中塗り

横須賀市で施工したモルタル外壁塗装、中塗りの様子。職人は一級塗装技能士の職人・柳澤。
下塗り材を塗布して下地と塗料の密着度を向上させたのち、中塗りを開始して厚みのある塗膜をつけていきました。塗膜の厚みがあることで耐久性が向上され、紫外線や風雨の悪影響から大切なマイホームを守ることができます。また、その塗膜を剥がれにくくさせる下塗りもとても重要な工程です。

ローラーで全面を塗装する前に、専門用語で「ダメ込み」呼ばれる作業を行います。通常サイズのローラーでは塗りにくい部分を、小さいサイズのローラーや刷毛でしっかり塗り込んでおきます。このように先行して塗布することで、塗り残しや掠れを防いで均一な塗膜をつけていくことが可能です。

ダメ込みが完了しましたら、ローラーに中塗り材をたっぷり含ませて全体に塗布していきます。一方行だけに転がすのではなく、縦横に切るように塗り込んで、厚みのバラつきを防ぎながら全体に行き渡らせました。細部はあらかじめ仕上げられているので、塗るときもスムーズに進められ、作業効率の点から見ても必要な作業と言えます。このあと上塗りを重ね、さらに塗膜の厚みを付加させて肉厚に仕上げていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ