横須賀市で急勾配な屋根の高圧洗浄

本日は横須賀市長井での屋根塗装、水洗いの作業風景です。
こちらのお宅のコロニアル屋根は勾配がとても急なため、屋根の上にも足場を組んでもらいました。施工前の屋根には黄土色のコケがびっしりと生えている状態。汚れやコケといった付着物は、家の水洗いの際に丁寧に洗い落としていきます。特に屋根は、塗装面に異物があると下地と塗料の密着不良になることがあり、せっかく仕上げた塗膜が剥がれやすくなる可能性も。
高級塗料を使用して、耐久性のある肉厚な塗膜をつけても長持ちせず、すぐに剥がれてしまっては元も子もありません。最高150キロ圧で水を噴射することができる高圧洗浄機で、汚れをきれいに洗い流してから塗替えに入ります。

急勾配な屋根の写真

急勾配な屋根の場合、このように屋根の上にも足場を組んでもらい作業をします。写真で見てもわかるくらいの角度のきつさです。スレート(屋根材)には茶色っぽい汚れのようなものが全体に広がっているのがわかりますでしょうか。これがコケなのです。

屋根に生えた苔の写真

上のコケの拡大写真です。なにか黄土色の粉をふりかけたようにも見えますね…。この上から接着剤の役割を果たすシーラーを塗布しても、密着性に影響が出る可能性があるため、きっちり洗浄していきます。

足場にシートを張る職人

足場の周りにメッシュシートを張る、一級塗装技能士の竹内。このシートで足場を覆うことで、洗浄時の泥水を周囲に飛び散らすことなく作業ができます。塗装工事は自分の家だけではなく、ご近所への影響、ご迷惑をかけないか気になるものだと思います。そのため、足場は屋根より可能な限り高く組んでもらい、周囲をシートでぐるりと覆って飛散防止をしています。特に飛散させることができない面(駐車場など)にはシートを2重にして、より対策を強化することもあります。

屋根の洗浄写真

高圧洗浄機で水洗いしているのは、竹内と同じ一級塗装技能士の川口。このふたりは塗装技能士の上位免許、塗装指導員でもあるベテラン職人。足場に片足を乗せ、バランスを取りながら入念に屋根上の付着物を取り除いていきます。噴射されるジェット水流は、誤ってゴム長靴に当てると穴が空いてしまうほどの威力。扱いには慣れていますが、手元・足元には十分気をつけて進めていきます。

屋根の水洗い写真

洗浄した面は、黄土色のコケが除去されているのが見えるでしょうか。このように屋根全体を水洗いし、次に軒や外壁など家の下部へ作業を進め、塗装前の準備が完了しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ