横須賀で屋根塗装、濃厚塗料をつかった3回塗り

横須賀で屋根塗装を行いました。映像に映っているのは「塗装の先生」である塗装指導員と国家資格の一級塗装技能士の資格を持つ、この道の熟練職人・川口です。

高圧洗浄が終わったら、屋根全体に水っぽいサラサラとしたシーラーを塗布。下塗り材は素地と中塗りの間を剥がれにくくする接着剤のような役割を持っています。傷んだ素地に塗装すると吸いこまれてしまい、表面が乾いて塗ったかどうかも分からなくなってしまいます。その時には更に下塗り材を塗り重ね、表面に濡れ感が残るまで塗料を吸い込ませることで、はじめて下塗りの役割を果たす事が出来ます。

その後に中塗りをローラーで塗りつけていきました。縦に、横に、とローラーを動かすことで溝の奥までしっかりと塗り込むことが出来ます。その後に上塗りを重ね、必要があるのなら縁切りをして屋根塗装の工程は終了。濃厚な塗料で3回塗りを施した屋根は陽が当たって艶やかな仕上がりになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ