チョーキングのあったサイディング外壁塗装

横須賀市で行ったサイディング外壁塗装の作業風景です。
こちらのお宅のサイディングボードはチョーキング現象が起きていました。チョーキングとは白亜化ともいい、手で壁を触ると白い粉がついてきます。これは、塗装面が紫外線などによって劣化することで、塗料に含まれる顔料が白い粉として表面に出てきてしまう現象です。チョーキングは塗替え前の水洗いで念入りに洗い落します。洗浄が不十分ですと、下地と塗料が密着不良になって塗膜が剥がれやすくなることがあるからです。

外壁高圧洗浄の写真

流れ落ちた白い水

長くつに当ててしまうと穴が空き、手に当ててしまったら指がちぎれ…という強力なジェット水流を噴射する高圧洗浄機で家全体を水洗い。外壁のチョーキングを完全に取り除くことは難しいのですが、下塗りのシーラーを浸透させられる程度になるまでは落とします。写真では洗い落としたチョーキングが白い水となって流れていますね。

外壁の下塗り写真

一級塗装技能士の川口がシーラーを塗布して下塗りしています。このシーラーは下地と塗料の密着度を向上させる、接着剤のような役割を果たします。また、たっぷり染み込ませるように塗布してサイディングボードをガッチリ固めて強化。塗料の吸込み止めも兼ねています。雨樋の裏側にもローラーを差し込んで、ムラなくしっかり付着させました。

外壁中塗りの写真

下塗りを終え、中塗りに入りました。元の外壁の色と塗料の色が近いため、中塗りは少し見えにくいかもしれませんね。塗料をよく含ませたローラーで右端から横に転がし、縦にも切って目地内も塗り込みます。主材はシーラーに比べて重みもあるので、下塗りの時よりローラーを回転させるのも力が必要になります。この時点でも塗膜に厚みが出るように塗り上げて、塗装の耐久性をつけます。

外壁の上塗り写真

上塗りを重ねて、より厚膜に艶やかに仕上げていきました。ローラーに含ませる塗料の量は多すぎては垂れてしまいますが、少なくてもしっかり厚みをつけて塗ることができません。適量を加減して塗り上げることができるというのは、やはりプロの技です。

外壁の洗浄~塗装の詳しい工程ページ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ