塗装指導員によるコロニアル屋根の塗装

塗装指導員の資格を持つ川口による、コロニアル屋根の塗装。下塗りの前に、まずは高圧洗浄から行いました。
ポリバケツに水を溜め、そこに高圧洗浄機のホースを入れます。150キロ圧の高圧洗浄機は、住宅街と言う事も踏まえて音の静かな物を選びました。
雨が降っていたせいもありますが、高圧洗浄は物凄い水流での洗浄となりますので、跳ね返りの水も尋常じゃありません。まるで頭から水を浴びたのか……と言えるくらいびしょ濡れになってしまうので、ヤッケというカッパのようなものを着て高圧洗浄を行います。このヤッケ、塗装の際にも使用出来る優れものです。
屋根の上から軒天を洗浄したり、足場に降りて外壁を洗浄したりと、動き回ります。跳ね返る水の勢いは動画を見ていただければ分かると思うのですが、凄い勢いです。
もちろん汚れた水も吹き飛ぶのですが、これは足場のメッシュシートが飛散をガードしてくれるので、隣の家を汚したりすることはありません。
一見そこまで汚れてないと思う外壁でも、高圧洗浄をすれば汚れた水が垂れてくるのが分かり、長年の汚れの蓄積が見て取れます。

高圧洗浄が終わった後は、屋根の下塗りです。
透明のシーラーを塗布した後は濡れ感が残り、少し艶やかにも見えます。職人・川口がローラーを操りながら、下塗りを完了させた後は、中塗りを行いました。
少し艶感のあるコロニアル屋根のスレートの重なりにまずローラーを転がし、そのあと全体に塗布。こうして塗り残しがないように何度も転がします。

外壁の上塗りにはオフホワイトの塗料を使用。
右に左にとローラーを転がすだけでなく、持ち替えた作業は、塗り残しがないよう綺麗に塗布をする職人の気概が感じられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ