住宅塗装の足場について

外壁塗装の際、気になるのは足場の状態です。
果たしてどういう足場を組まれるのか、
高さはどうなのか、
組み立てる時の近隣住宅への騒音は……

気にすればいくつも出てくる不安です。
実際立てるまで分からない、なかなか出てこない足場の情報。

それでは、こちらをご覧ください。

足場には二種類あり、ひとつは単管足場、もうひとつはクサビ式足場です。クサビ式緊結足場とも言い、職人にもっとも好かれる足場でもあります。
単管足場は、昔の塗装現場では良く用いられた、とてもメジャーな足場でした。鉄柱を二本組み合わせて足場にするような形の足場はとても不安定で、塗装中は常に片手が手放せません。
職人の中にも、何人も落下し、仕事が出来ないからだになったり、命を落としたりする人もいたそうです。
塗料缶もおいておけないので、常に片手に持ったままの作業。
落ちないように気を遣い、塗料缶を落とさないように気を遣い……塗装だけに集中出来ない状態でも、もちろん職人は最善を尽くしましたが、それも限界があります。
そこで、クサビ式足場が登場しました。
溝渠(どぶ)を塞いでいる蓋のような形状の足場は、地面と同じように両足をつけ、とても安定しています。塗料缶もおけるので、両手を離しての作業が可能になりました。また、落下の心配もなく作業出来る足場は、職人にとってはとてもありがたい足場でした。
結果的に、塗装業務に集中出来るようになり、スピードも質もグンと上がりました。
今ではこちらがメジャーになり、単管足場は職人には嫌われる足場となりました。職人としての危険度が大きく違うのですから、当たりまえでしょう。

クサビ式緊結足場は、鉄パイプを組み合わせた後に金槌で打ちこみます。
そのため、周囲にも鉄を叩く音が響いてしまい、騒音はどうしても避けがたくなってしまいますので、職人ともどもご配慮願いたい問題点です。

高圧洗浄や塗装の際、周囲への飛散を防ぐため、メッシュシートは必ず掛けさせていただきます。目には見えなくとも、細かい塗料が散布してしまうからです。
職人の作業服を見てもらえれば一目瞭然かと思いますが、どうしても細かい塗料の飛散は防げません。
また、高圧洗浄の際も、古い塗膜を削り落とせるくらいの勢いの水流ですので、汚れた水だけでなくとも飛散してしまいます。
また屋根の洗浄の際は、メッシュシートも足場も屋根より高く設置し、屋根の洗浄水が散布しないようにさせていただきます。
少しでも近隣にご迷惑をかけないよう、職人も心配りをしてまいります。

風が強い日などは、あらかじめメッシュシートを畳んで現場を去らせていただく事もあります。足場と言っても鉄の塊。強風にメッシュシートが煽られて倒れてしまっては、お客様の危険にも繋がります。
台風の日などは特に畳んでいく事が多いかと思います。

以上が、大まかに足場に関する注意点です。
業者によって様々なラインもありますので、この四点が全ての業者に通じるわけでもございません。
あくまで目安として、こういったこともあるのだと、頭の片隅にでもおいていただけましたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ