一級塗装技能士・川口による、屋根中塗り塗装の様子

一級塗装技能士・塗装指導員の資格を持つ、川口による、横須賀での屋根の中塗り作業。

下塗りを終えた屋根に、ローラーで塗装を施していきます。

まずはスレートの重なり部分にローラーを転がして小さな段差を埋めた後、縦にローラーを転がして全体を塗布します。
次に、ローラー線を消すため、塗料の含みの少ないローラーで再度転がす。

何度も繰り返されるこの作業ですが、これが綺麗な塗膜面を作り上げるのです。
勾配のゆるい屋根は、落下の危険も少ないので、しっかりと足を踏みしめて、一斗缶片手に左右に移動していきます。
一気に横、ではなく、いくつかに区切って縦にずれて塗って行く屋根塗装。
最後は足場に避けて、全ての塗装を完了させます。

塗料をつけたローラーの先端は塗料がもったりと付いていて、特にローラー線を作り出す原因になってしまいます。
なので、職人は一度先端を塗装面に着け、そのあとローラーで馴らして引きのばします。

シリコン系塗料による、紫外線や汚れに強い屋根塗装。
傷みきっていた屋根も、メーカー基準通りの希釈量、そして手順通りの塗装に加え、一級塗装技能士の長年の経験で、綺麗な屋根に塗りあげます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ