横須賀市でのモルタル外壁上塗りの様子

横須賀市でのモルタル外壁の上塗り作業は、一級塗装技能士・塗装指導員の資格を保有した川口が担当。

アイボリー色の中塗りに、もう少し明るめの塗料を塗布します。
一定の間隔を塗布したら、もう一度付け足して塗布。掠れや薄いところが出てしまわないように、たっぷりと付着させます。
縦にローラーを転がした後は、横にも転がして、ローラー跡が残らないようにします。
入れ隅など、ローラーが入りづらい所には先にダメ込みと言って、刷毛で塗装をしているので、塗り残しはありません。また隅まで塗ろうとして激しくぶつけることで塗料が飛散する事もないので、汚れ防止にもなります。

ちなみに、色が違うように見えますが、どちらも同じ塗料です。
乾いた色と乾いてない色で違いがあるので、塗り残しもなく、動画でも塗っているのが分かって頂けるかと思います。

ローラーは少し毛の長い物を使用しています。塗料をたっぷりと含ませたローラーは見た目より重たく、軽々と使いこなしているようですが、簡単には転がせません。
塗装をした後も数年たたなければ分からないのですが、このローラーさばきはやはり今までの経験が重ねられた賜物と言えます。

 

 

横須賀でモルタル外壁上塗り塗装の詳しい内容はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ